髪の毛を手で縛る女性

ここでカラコンの間違った使い方をした挙句起こってしまう症状についての解説をしていきましょう。基本的にカラコンというのは他の記事でも伝えたように、酸素不足に陥ってしまいやすいものになります。そのため長時間カラコンをつけっぱなしにしていると、角膜内の細胞がどんどん壊されるという結果が訪れてしまいます。まずは角膜上皮細胞と呼ばれる部位が酸素不足で剥がれやすくなり、最終的には完全に剥がれてしまいます。そしてそこから細菌が付着しやすくなり、感染症を引き起こしてしまうことになるでしょう。次に今度は角膜内皮細胞が死滅します。残念ながら角膜内皮細胞に関しては一度死滅するともう元には戻りませんので、一度起きたら取り返しがつきません。この角膜内皮細胞は余分な水分を排出する役目をもっているので、もし死滅してしまったら角膜がむくむようになり透明感が一切なくなってしまいます。そして挙句の果てには目の充血にも影響するようになります。通常充血しても白目部分までしか充血しませんが、カラコンを長時間つけることにより角膜新生血管が誕生してしまいます。簡単に言うと黒目部分にも浸食してくるというわけです。他にも細菌が入りやすくなるということで、アカントアメーバ角膜炎という炎症を引き起こす可能性も出てきてしまいます。これは目が見えにくくなるんですが、深刻化すると失明します。このようにカラコンの長時間装着はとんでもない結果を招くことになるので、自分の目を守るためにも必ず雑な使い方をしないようにしてください。